ann 美容室アン 南大阪・堺市・岸和田市・貝塚市

STORE BLOG

お肌のインナーケアについて/keiブログ

kei / 2017年07月29日

 

こんにちは、keiです。

いつもブログを読んで下さり、ありがとうございます。

今日は、美容のお話をしたいと思います。
夏、イヤでも日々焼けていきますよね…
この時期、紫外線でダメージを受けた肌を修復するのは自分の免疫力であり自然治癒力です。

今回は食べ物から摂る美容についてのお話です。

どんなに高価なUVクリームや美容液をつけてもジァンクフードや添加物の多い食生活をしていたり、十分な睡眠がとれていなければあまり意味がありません。
日焼け対策にはビタミンCとは本当のことなのですが、食べる時間帯に意味があるんです。

朝にフルーツはいいのですが、
野菜や果物には「ソラレン」という紫外線を体内に吸収してしまう、光毒性をもつものがあり、摂取後7〜8時間かけて紫外線吸収を活性化させどんどん体内に吸収していきます。

なので、朝にキウイやグレープフルーツなど食べると、せっせとシミの原因をつくってしまうことになりかねません。
まとめてみました。

【朝に食べるとシミになりやすいもの】
グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどの柑橘類。キウイ、イチヂク、大葉、きゅうり、パセリセロリ等。

柑橘類やキウイなどのビタミンCの多い食べ物は夜に食べると紫外線で傷ついた細胞の修復に使われ、カルシウムやコラーゲンの生成に必要な栄養素となります。
大切なのは、「食べるタイミング」紫外線を吸収しやすいものは夕方の空腹時や夜に食べるのがオススメです。

【夏の朝にオススメな食べ物】
いちご、ブルーベリーなどのベリー類。
スイカ、トマト、ぶどう、バナナ、サツマイモ、アーモンド類。

ポリフェノールやアントシアニンが豊富な食べ物。抗酸化力の高い「赤い食べ物」は紫外線ダメージからお肌を守ってくれます。

とくに、スイカ、サツマイモは優秀な紫外線カット食品で「天然の日焼け止め」として注目されています。
真面目なお話をしましたが、最近デトックスウォーターにはまっていたのですが、

朝に飲むのをやめ、お店に来てから飲むようにしました。


ぜひご参考にしてくださいね。

中からと外からのケアが大切なんですね。

kei
【keiお休み】
7/14、23、28
8/6、10、18 夏期休暇27〜31です。
夏休みは京都に一泊と主人の実家でのんびり過ごす予定です。

またお話ししましょ。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

kei

ann HEARTS

〒590-0024
堺市堺区向陵中町4-5-27中谷ビル1F
電話番号 072-257-2628

店舗情報